*All archives* |  *Admin*

<<05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
New Entry
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公平って何だ?

被災者の生活救済。

震災から一ヶ月半も過ぎようとしてる岩手県○○市でこんな広報に載った住宅修理の補助についてでビックリした。

それは、これから修理する物については最高52万円まで補助する、ただし、すでに修理したものには対象外との記事。

これを友人から広報をメールで送ったもらった時には腹が立った。

すでに業者に修理を依頼、または修理済みな人達も当たり前の様に大勢いるでしょう。

床上浸水などで生活や住める状態でなく一時的に親戚や知人宅に身を寄せてる人達は一ヶ月も経つ現行では一日も早く家に戻りたくて修理を急ぐのは当然の話ですからね。

世の中、律儀な人や言葉足らずやおとなしい人は損をする様な、そんな感じの思いもする方針に怒りを覚えた。

俺はモヤモヤイライラして○○市役所へ電話しました。

広報に載った補助対象者となりえる条件は同じ市民であり被災者でもありながらこんな差別的な対策っておかしいのではないか、と初めから鼻息が荒い俺(笑。

すると同じ様なお叱りや怒りの電話が殺到したとの事でした。

当たり前です、何を根拠に対象に絞ったかは知りませんが、勘繰れば出さずともよい金は出したくないと勘繰りたくなります。

それも申請であって、知らなければ受け取れない事態だってあるわけで公平にも欠けてる様に感じます。

そしてお金の出元は税金でしょ、ならばなおさら公平にすべきではないのですか。

そして回答は

修理済みでも条件付きの例外があります

市内の業者で市との契約とする手続きをしていただければ対象とします、との返答でした。

それには市が直接に修理代金を払うシステムだそうだからこれは当然でしょう。

そのほかに申請に必要な書類など、役所に電話なり足を運んで聞かないと二度も三度も足を運ぶ事になるような書類の多さです。

役所の係りの対応次第では口下手な人などは大変そうです。

そして次の広報では訂正しますとの回答でしたが・・・。

でもさ震災被害の度合いは対象になってるのに修理前と修理後の差って何だよ、おまけに修理後には条件付って、何かおかしな話だけどな。

その後の広報では

一番新しい広報にも修理済みは対象外と載ってました。

修理済みでも例外はあるとか、役所まで電話なり相談に来てほしいの文字も載ってませんでした。

不満や怒りで電話で尋ねた人は回答は得らると思う、でも広報の記事を鵜呑みの人は補助を受けられないままではないのでいょうか。

取る時は差し押さえしても取る、出す時は知った人だけに出す、そんな感じの想いの広報でした。

友人には業者に市の担当部署に直接電話してもらい、事前に書類揃えて申請にすべて書き、修理箇所の対象とかは役所で判断してもらえとアドバイスしました。


そして修理対象箇所の疑問点が

風呂は対象なのにボイラーは対象外

皆さんの家の風呂は薪で沸かしますか?

おそらく給湯システムかボイラーだと想像しますが、風呂をボイラーで沸かす物では対でなくては風呂に入れません。

なのに対象外、津波の為に外置きのボイラーも侵水して使用不可でも、なんか訳わかりませんが、解らない理由をつけるのが行政かも知れませんね。
スポンサーサイト
人の温もり

東北関東地震での
お亡くなりになられた人に心よりご冥福を祈り、被災地の方々にお見舞い申し上げます。


ほんと久しぶりの更新となりました。

3月10日、バレンタインデーのお返しにお店から直送で頂いた方々に発送をお願いした。
翌日3時前に大きな地震、でもこのくらいなら驚かなかったけれど、その後の数度の余震も大きくヤバイと思った。

すぐ津波が心配だったので岩手の友人へメールで「大丈夫か」と送って、その返事は「大津波だって」の返事。
あちらは防災無線で市民へ知らせるシステムがあっての返答のようだった。

それからは二日間は音信不通。

悲惨な現場を映し出すテレビのニュースを観る度に、なんだろう、この不吉の予感、住んでる場所を知ってるだけに胸騒ぎが増す、繋がらないのに機械の様に送信リダイヤルを何度も何度も繰り返し電話やメールを送る。
数えたわけじゃないけど千回は繰り返したと思う、11日は一睡もしないで送り続けたから・・・。

できる事、固定電話、携帯電話、ネットでの安否確認、でも被災地は停電なんですよね。
解ってる、でも何かをせずにいられない、無事を祈り願い国営テレビの安否なら、避難所に居たらと思い電話して放送してもらった。
すぐテロップが流れたけど名前が、俺の名前の最後が違ってる、読みは同じだから判るけどさ・・・。

テレビに釘付けの三日めに携帯に登録されてない着信、普段ならでない事もあるのに直ぐでてみる。

それは小さな声で「モシモシ、モシモシ」、とにかく電波状態が悪かった。
その声に「○○○か」、うん「オラだ、無事だからな」、その声に涙が流れこぼれる、もう何て言うか「無事でよかった~」の一言でした。
早く無事を知らせたくて友人の知り合いでキャリアの違う携帯を借りて何度も何度も掛けて繋がったと言っていた。

実は俺、電話会社に食って掛かって、こんな時にどうして早い対策や対処しないのか、などと言ってしまいまして、ほんとイライラしました。
通信て一番先に必要に思えて仕方ないです。

とにかく無事なら物資と頭に浮かぶも届けたくても物流も動けず、お返しの品も店預かりの形で物流次第で送る様にとお願いした次第。
物資を届ける策を探し電話やネットなどで探し、大手宅配業者で営業店止めなら可能と知り、直ぐに欲しい物を聞いて送りました。

通信が何とか途絶えず繋がり始めた頃にはネットの友人達からもテレビの映像を見たと岩手の友人の安否を心配してくれてのメールを頂きました。

その中で関西に住む友人の一人が、「何か私にできる事がある」とメールがきました。
今は関東でも水が品薄で売れきれて私も手に入らないので水を頼み、後に私が送り損ねた薄手のゴム手袋を頼みました。
すると水の他に食べ物や米と衣服などの物資を箱で四箱も送って頂きました。
何て感謝してよいか、ほんとうにありがとうございました。
このブログでは一度も姿は見せてはないですが見てたら遊びに来てくださいね。

そして仕事場が無事だった岩手の友人は二週間も経たずに気丈に振る舞い、金を稼がねばと仕事に踏ん張ってます。

俺にできる事、そんな心中です。
好きな詩
フォークの好きな俺は久々に小椋桂さんの歌を聴きたかった。
その中に
少しは私に愛を下さい と言う好きな詩があります。

この様な歌詞なんですが言葉には出せなくとも、この様な思いを抱く事はあるのではないでしょうか。
たぶん、恋愛で傷ついた事が多ければ多いほど・・・。

少しは愛を下さい

少しは 私に 愛を下さい
すべてを あなたに 捧げた私だもの
いちども 咲かずに 散って ゆきそうな
バラが 鏡に 映って いるわ
少しは 私に 愛を下さい

たまには手紙を 書いて下さい
いつでも あなたを想う 私だもの
あなたの 心の ほんの片隅に
私の 名前を 残してほしいの
たまには 手紙を 書いて下さい

みぞれの 捨て犬 抱いて育てた
やさしいあなたを 想い出しているの
少しは 私に 愛を下さい

YOU TUBEで感動
少しは私に愛をください

豪華過ぎる~
小椋桂さんの作詞作曲の歌なんですが、来生たかお 井上陽水 小椋桂が歌ってる。
なんとも心に染み渡る歌詞の表現と歌唱力に涙がこぼれそうだ。

吉田拓郎もいたらなら、と、想うのは俺だけかな・・・。

あなたはどんな歌が好きですか。

何かがあった時に聴く歌、ふと聴きたくなる歌など、歌って忘れてた何かを目覚めさせたり勇気や元気を与えてもらえたりしませんか。
10年

暑かったな~。

10年前もそんな暑い月だった。
今月の30日で母親が逝ってから10年。
この頃はもう食べ物も飲み物も自力では口にする事もできなかったな~。
見舞いに行くと口の渇きで唇がヒビ割れて脱脂綿で拭いてあげると不思議に喜んでるようにみえたんだよね。

元気の時に一緒に出掛けて買った赤と黄色のバラ、枯らさずに世話して今年も咲いたよ。
大好きだった藤も咲いた。

だけどね、紫陽花は咲かなかったよ。
だから従兄の家の紫陽花を頂いて仏壇の花瓶に挿したから見てね。

親父も元気だよ。
とっくにおふくろの歳を越しちゃったけど、相変わらずテレビ見て笑ってるから心配ないよ。

もう直ぐお盆だ。
いつも通りに迎えに行くから留守にしないで待っててくれよな。

音信不通

ふと気になってメール打ってみた。
すると戻ってきた。
アレッ・・・疑いもなく3回も送ってみた。

電話もしてみた。
呼び出し音はなるがでない。

気になる事もあり心配になる。

共通の知り合いにメールで確認してみるがご無沙汰の様子。
その人もメールしてみたが戻ってきたと返事。

その人と何度かのメールのやり取りの中で、

○○○さんが変わらなくても、人は変わるのよ。

それは解ってるが、

なんかその言葉に色々考えらせられる。

踏ん張ってくれてたらそれでいいのだけれど・・・。

やはり気になる事があるので内心心配してる俺がいる。

それでも、その人達と絡みのあったHPを削除してる俺も居る。

俺は変われない。

だから変わって行く人の文字を消して行く。

思い出を読みながら消すかの様に、悔しさや寂しさを心が覚えない様に。

何でもいい、色々とあると思う。
でも、
身体だけは大事に、そして踏ん張ってほしい。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
訪問者数
閲覧者数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。